製品紹介
HPLCカラム

カプセルパックADME

  • 概要
  • 価格表
  • 取扱説明書

全く新しい官能基で逆相モードの
分離パターンを変えるオンリーワンカラム

代謝物など高極性化合物を含むサンプルの分析に、
C18カラムではこれまで得られなかった分離パターンをあなたにお届けします。

この極性化合物の保持さえできれば、他の成分の分離は問題ないのに…
C18カラムでは保持が難しい成分の分析をされたご経験はございませんか?
分離モードを変えるのも抵抗があるし、できれば逆相モードで分析したい…あなたのそのご希望を適えられる1本を開発したい、それが私たちの想いでした。

CAPCELL PAK ADMEでは、これまでのオクタデシル基とは全く異なる構造を持つアダマンチル基を官能基として導入しました。また、その導入率はADME基の性能が最大限発揮される密度とし、徹底して管理しています。そのことにより、これまでにはない充填剤表面の疎水性と表面極性のバランスを実現。

これまでのC18カラムでは得られなかった分離パターンをあなただけにお届けします。

特長

高い表面極性でこれまでにはない分離パターンを実現

CAPCELL PAK ADMEは、これまでの充填剤とはまったく異なる疎水性と表面極性のバランスを持ち、これまでにはない分離パターンと実現します。

特に、極性化合物の保持はこれまでのC18カラムに比較し、大きくなることが確認されています。

大阪ソーダカラムの疎水性と表面極性パラメーター

高極性化合物の大きな保持

ADMEは、その大きな表面極性により高極性化合物を大きく保持し、これまでのC18カラムでは保持の小さな領域でも良好な分離を与えます。
また、粒子径を3μmとすることで理論段数・分離度をさらに向上させることも可能です。

CAPCELL PAK ADME

高極性化合物をしっかり保持、グラジエント分析の可能性、広がる!

CAPCELL PAK ADMEカラムのその能力が最も発揮されるのは、グラジエント分析においてで、極性化合物の保持が大きく、分離が良好であるうえ、アナリティカルウィンドウが広いという特長があります。

粒子径3μmのカラムを用いることで、これまで以上に極性化合物の分離を保った状態で分析時間の短縮を図ることも可能です。

CAPCELL PAK ADME

高極性化合物の分取にも!

CAPCELL PAK ADMEでは、セミミクロカラムの他、
分取サイズのカラムもご用意しております。

物性値

官能基 粒子径
(μm)
細孔径
(nm)
比表面積
(m2/g)
密度
(µmol/m2
C% 使用pH
範囲
アダマンチル基 2 10 300 2.8 12 2~9
アダマンチル基 3 10 300 2.8 12 2~9
アダマンチル基 5 10 300 2.8 12 2~9

私どものWEB SITEにお越しいただき、ありがとうございます。

今、ご覧の製品につきまして、あなただけにお届けしたいアプリケーションなどの情報をご用意しております。
ご希望の場合は、恐れ入りますが下の資料請求ボタンよりご連絡ください。

ページの先頭へ戻る