液クロコラム LC Cafe espresso
  • 2020年12月24日

    グラジエント曲線と分離能の関係

    標準的なタンパクを用いて、グラジエントプログラムの長さと各ピーク間の分離能関係について解説いたします。

    キーワード

    • Proteonavi
    • 標準タンパク質
    • 分離能
    • グラジエント勾配
    • Rs値
ページの先頭へ戻る