製品紹介
HPLC装置

オートサンプラー

試料拡散を極限まで抑制-セミミクロカラム分析に最適!

生体成分の分析に最適

サンプル冷却機能を標準装備

生体成分の分析に有効なサンプル冷却機能を標準装備しています。

メタルフリー構造

接液部にPEEK樹脂を使用。金属への吸着性の高いタンパク質や生理活性物質の分析に有効です。

オートサンプラー

プレラベル化機能標準装備

プレラベル化機能標準装備

【プレラベル機能】

(アミノ酸のOPA誘導体化)

プレラベル機能

各種サンプルバイアルを品揃え

バイアルホルダー

(1)96穴プレート
(2)汎用バイアル
(3)大阪ソーダバイアル
(100検体用)
(4)大阪ソーダバイアル
(200検体用)

※大阪ソーダバイアルには50μL用、250μL用の2種類を用意しています。

バイアルホルダー

完全な洗浄システムの採用

サンプリング機構に完全な洗浄システムを採用することにより、コンタミネーション、キャリーオーバーを無くしました。

【ダブルインジェクションウォッシュ機能】

サンプルループ及び配管を洗浄

ダブルインジェクションウォッシュ機能

【ポストインジェクションウォッシュ機能】

洗液をバイアルに入れて、指定することが可能。シリンジ、ニードル、インジェクションポート及びインジェクションバルブ内流路を洗浄。

ポストインジェクションウォッシュ機能

【ダブルインジェクションウォッシュ機能を組み込んだ装置構成】

ダブルインジェクションウォッシュ機能を組み込んだ装置構成

高感度かつ高精度な分析

低デッドボリューム構造

インジェクションバルブの容量を1.9μLと小さくすることで、試料の拡散を防御。内径1.0mmのセミミクロカラムも使用可能です。

【デッドボリュームの違いによるセミミクロ分析】

 

セミミクロ使用時のナフタレン(保持時間約12分)ピークの理論段数比較

デッドボリュームの違いによるセミミクロ分析

高い精度と耐久性

微量試料注入時においても、高い注入精度と再現性を実現しました(1μL注入時においてもCV 1% 以下)。また、100nLのインジェクションも可能です。標準でサンプリング量は0.1~80.0μL。

*マルチプルインジェクション機能を使えば最大400μLまでの注入が可能です。

高い精度と耐久性

効率の良いサンプリングシステム

PP製サンプルバイアル(50μL、250μL)の使用により、タンパク質、生体成分の分析に最適です。また貴重なサンプルを無駄にしません。

50μLバイアル使用時:最小必要試料量=注入量+2μL

テンキーによる簡単操作

PP製サンプルバイアル(50μL、250μL)の使用により、タンパク質、生体成分の分析に最適です。また貴重なサンプルを無駄にしません。

50μLバイアル使用時:最小必要試料量=注入量+2μL

システムコントロール機能

S-MC、OpenLAB EZChrom、Xcalibur®、Analyst®からフルコントロールが可能です。

【価格/仕様】

方式 可変計量型試料全量注入方式
サンプルバイアル PP製 250μL
オプション:PP製 50μLL, 96穴マイクロプレート, ガラス製 2mL
計量用マイクロシリンジ ガスタイト型 100μL (オプション:250μL)
試料注入量 0.1~ 80.0μL,0.1μLステップ
サンプルループの交換により、最大で400μLまでの注入が可能
繰り返し注入回数 1~10回
注入再現性 RSD 1%以下(1μL)
サンプルの吸引度 可変(SLOW、STD、FAST)
サンプル処理数 100検体 (100検体用バイアルホルダー・PP製バイアル使用時)
200検体 (200検体用バイアルホルダー・PP製バイアル使用時)
50検体 (2mL用バイアルホルダー・ガラス製2mLバイアル使用時)
96検体 (96穴マイクロプレート用ホルダー・96穴マイクロプレート使用時)
(200・50・96検体用ホルダーはオプション)
試料冷却 電子冷却 4℃~20℃(可変設定)
使用圧力 0~25MPa
洗浄液ポート 標準装備
異常診断機能 標準装備
外部入出力 インテグレータースタート、オートゼロ、スタート、エンド、
ストップ、エラー信号用、シスコン通信用、RS-232C通信ポート
電源 AC 100-240V ± 10%,50/60Hz,350W
大きさ 258(W)×457(H)×501(D) mm
重量 約27㎏
ページの先頭へ戻る