製品紹介
HPLC装置

パルス式電気化学検出器

糖・多価アルコール分析に対応!

糖類、多価アルコール類の高感度分析に最適

誘導体化等煩雑な前処理が不要です。示差屈折率検出器の約10~100倍の感度が得られます。

パルス式電気化学検出器

特殊構造の参照電極(特許出願済)

電極が二重構造に設計されているため参照電極 (1)が直接移動相に接触することがありません。したがって外筒液をNaCIO4に変えるだけで、移動相に有機溶媒を使用することができます。

特殊構造の参照電極(特許出願済)

セミミクロカラム用に開発された
セルの採用により抜群の感度

セミミクロカラム高速液体クロマトグラフに適したセル構造を採用しています。汎用カラム(内径4.6mm)に比べ、約5倍の高感度分析が実現できます。

セミミクロカラム使用による感度上昇例

セミミクロカラム使用による感度上昇例

モード切換えで
従来の高感度電気化学検出器としても使用可能

通常のアンペロメトリックモードも装備していますので、モードの切換え、および電極の交換により、従来の電気化学検出器のアプリケーションにも使用可能です。

容易なメンテナンス

独自の電極構造により工具がなくてもメンテナンスが可能です。

グラジエント分析が可能

特殊構造の参照電極の採用により非水溶媒系移動相が使用でき、
グラジエント分析が可能です。

パルス式電気化学検出器を用いた代謝物中のグルクロン酸抱合体の選択的検出

*1996年3月日本薬学会第116年会にて発表

イブプロフェン代謝経路

イブプロフェン代謝経路

カラム:
CAPCELL PAK C18 UG120 S5
1.5mmφ×250mm
移動相:
50mmol/L リン酸ニ水素カリウム,pH2.45/アセトニトリル系のグラジェント
温度:
40℃
反応液:
0.6N NaOH
検出:
UV210nm
PAD
試料:
ヒト尿

イブプロフェン代謝物

イブプロフェン代謝物

価格/仕様

型式 3016
方式 3極ポテンシオスタット方式
測定モード パルスモード、一定電位モード
設定加電圧 ±2000mV 1mV単位 デジタル設定
パルス用電圧 9水準パルス加電圧(各水準で時間設定可)
パルス幅 1~9999 msec
定電流範囲 ±60 nA (測定感度 × 0.1)
±600 nA (測定感度 × 1)
±6 μA (測定感度 × 10)
±60 μA (測定感度 × 100)
±600 μA(測定感度 × 1000)
測定レンジ 0.5, 1, 2, 5, 10, 20, 50, 100, 200, 500 nA,μA
測定感度 ×0.1、×1、×10、×100、×1000
タイムコンスタント FAST : 1sec
STD : 4sec
SLOW : 8sec
VSLW : 16sec
作用電極 金 (オプション:グラッシーカーボン、白金、銀)
セル容量 パルスモード:0.8μL (オプション:一定電位モード 3.5μL)
参照電極 銀/塩化銀電極
対極 SUS316
電極室温度 30℃
出力信号 データ処理用 (2 mV/nA SENS×1)
記録計用 (10 mV)
エラー、インテグレータースタート、オートゼロ、スタート
電源 AC100V±10% 50/60Hz 50W (115-240Vは専用オプショントランス接続対応)
大きさ 120(W)×230(H)×480(D)mm
重量 約9kg
ページの先頭へ戻る